個人情報保護方針

個人情報の第三者への提供

健康保険組合は、原則として、あらかじめ本人の同意がなければ、保有する個人情報(個人データ)を第三者に提供することができませんが、個人情報保護法の趣旨から、加入者本人にとって利益となるもの、または事業者側の負担が膨大である上、明示的な同意を得ることが必ずしも本人にとって合理的であるとはいえないものについては、厚生労働省のガイドラインでは、「包括的な同意」を得ることでよいと示されています。

従いまして、当組合では、以下の事項については、包括的な同意を得て、従来どおりの取り扱いにさせて戴くことにしました。

第三者提供の内容

①医療費通知については、世帯分をまとめて被保険者に通知すること。

②高額療養費(高額な医療費が発生した場合の医療費の還付金)を本人の申請に基づかず、事業主経由で支給すること。

③付加給付(医療費等負担額を軽減する法定以上の上乗せ給付金)を本人の申請に基づかずに事業主経由で支給すること。

④出産育児一時金などの現金給付を事業主経由で支給すること。

⑤保健指導、健康相談等を効果的に進めるために、健診・保健指導結果、人間ドック受診結果等を事業主に通知すること。

第三者へ提供する個人情報(個人データ)の項目及び手段・方法

内容 ①第三者に提供される個人情報項目 ②提供の手段又は方法
(1)医療費通知
(医療費のお知らせ)
診療を受けた方の氏名、診療年月、診療に要した費用、自己負担額、診療を受けた医療機関の名称 ①の内容を記載した「医療費のお知らせ」を、Web等で被保険者に案内します。
(2)高額療養費 診療を受けた方の氏名、診療年月、高額療養費の額 ①の内容を記録した文書又は記録媒体を、勤務する事業主経由で送付します。
(3)付加給付 診療を受けた方の氏名、診療年月、付加給付の額 ①の内容を記録した文書又は記録媒体を、勤務する事業主経由で送付します。
(4)出産育児一時金などの現金給付 給付を受けた方の氏名、診療年月、一時金などの額 ①の内容を記録した文書又は記録媒体を、勤務する事業主経由で送付します。
(5)人間ドック受診結果 健診・保健指導、人間ドックを受けた方の氏名、受診年月、健診結果データ、保健指導結果 ①の健診機関・委託機関又は人間ドック受診機関から連絡があった文書を、事業主に送付します。

法令等に基づく第三者への個人情報の提供

当組合は、あらかじめ被保険者等の事前の同意を得た場合を除き、被保険者等の個人情報を第三者に提供いたしません。ただし、次の各号に該当する場合は、被保険者の同意を得ることなく、被保険者等の個人情報を第三者に提供することがあります。

①法令の定めに基づく場合

②人の生命、身体または財産の保護のために必要であって、被保険者等の同意を得ることが困難である場合

③公衆衛生の向上または児童の健全な育成推進のために必要であって、被保険者等の同意を得る事が困難である場合

④国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、被保険者等の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合


匿名加工情報の作成および第三者提供について

第三者への提供の停止手続

特段の申し出がない場合、包括的な同意を戴いたものとして取り扱いますので、もし、同意されない場合には、個人情報取扱責任者までご連絡ください。

また、医療費通知につきましては、家族の方の同意を要する事項ともなりますので、もし、家族の方で同意されない場合には、個人情報取扱責任者までご連絡ください。