個人情報保護方針

個人情報の利用目的・活用方法

個人情報取扱事業者である健康保険組合においては、被保険者やその家族から戴いた各種届出や請求書などに記載されている個人情報、そして、医療機関等から送付されてくる「診療報酬明細書(以下「レセプト」といいます。)」記載の個人情報等を数多く取り扱っています。

当組合の個人情報の利用目的は、概要として「加入者の業務外の疾病、負傷もしくは死亡または出産に関する保険給付を行うこと」になります。そして、健康保険組合は、加入者の強い信頼を必要とする事業に該当し、より詳細で限定的な利用目的とし、また、あらかじめ本人(被保険者等)の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱ってはならないとされています。

つきましては、当組合は、個人情報保護法の規定に従い、その保有する個人情報に関し、その『利用目的・活用方法』を次のとおり定めましたので、お知らせいたします。

1.被保険者等に対する保険給付に必要な利用目的
①健康保険組合内部業務での利用
保険給付及び付加給付の実施
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
高額療養費及び一部負担還元金等の自動払い
海外療養費に係る翻訳のための外部委託
第三者行為に係る損保会社等への求償
健康保険組合連合会の高額医療給付の共同事業
2.保険料の徴収等に必要な利用目的
①健康保険組合内部業務での利用
被保険者資格の確認並びに標準報酬月額及び標準賞与額の把握
健康保険料の徴収
被扶養者の認定
健康保険被保険者証の発行
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
被保険者等の資格等のデータ処理の外部委託
3.保健事業に必要な利用目的
①健康保険組合内部業務での利用
健康の保持・増進のための健診、保健指導及び健康相談
健康増進施設(運動場等)の運営
高額医療費・出産費に係る資金貸付事業の実施
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
保健指導、健康相談に係る産業医への委託
医療機関への健診の委託
被保険者等への医療費通知
健康保険組合連合会主催の共同事業
保健事業の事業実施(常備薬の配布、生活習慣病予防事業)に係る委託
4.診療報酬の審査・支払いに必要な利用目的
①健康保険組合内部業務での利用
診療報酬明細書(レセプト)等の内容点検・審査
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
レセプトデータの内容点検・審査の委託
レセプトデータの電算処理のためのパンチ入力、画像取込み処理の委託
5.健康保険組合の運営安定化に必要な利用目的
①健康保険組合内部業務での利用
医療費分析・疾病分析
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
医療費分析、疾病分析及び医療費通知に係るデータ処理等の外部委託
6.その他
①健康保険組合内部業務での利用
健保組合の管理運営業務のうち、業務の維持・改善のための基礎資料
健保組合の管理運営業務に係る記録資料
適正な経理事務の執行
②他の事業者等への情報提供を伴う業務での利用
業務の適正処理のための照会又は回答(保険者間の情報交換)
第三者求償事務において、保険会社・医療機関等への相談又は届出等
弁護士等への業務相談
労働災害補償にかかる労働監督署への対応