被扶養者になれる人の範囲

被扶養者とは

主として、被保険者の収入によって生活をしている家族は「被扶養者」として健康保険の認定を受けることができます。健康保険の被扶養者になるには家族なら誰でも入れるというものではなく、一定の条件を満たすことが必要です。

被扶養者の認定範囲

被保険者の被扶養者になれる方の範囲は、健康保険法(第3条第7項)で明確に定められており、被扶養者になるには、その範囲内にあることが必要です。このため、被保険者と同居し手厚く生活費等の面倒や世話を受けていても、法で定められている範囲外の方は被扶養者にはなれません。

被扶養者になれる方は、被保険者との「続柄」が次の2種の区分のどちらかに属していることが必要です。

1.主として被保険者により生計を維持されており、被保険者と同居でなくても被扶養者になれる方

①父母(養父母も含む)、祖父母、曽祖父母 ←いわゆる直系尊属の方

②配偶者(内縁も含む)

③子(養子も含む)

④孫

⑤兄姉弟妹

2.主として被保険者により生計を維持されており、かつ被保険者と同居(その被保険者と同一の世帯)していれば被扶養者になれる方

①上記1.各号以外の三親等内の親族

②配偶者(内縁も含む)の父母及び子

③配偶者(内縁も含む)が死亡した後に残された配偶者の父母及び子

被保険者(本人)と三親等内の親族の図解

以下の図解で

①赤枠内の方は、同居・別居の区別なく被扶養者になれる方です。

②赤枠以外の方は同一世帯(同居)となっていれば被扶養者になれる方です。

被扶養者の範囲図

数字は親等数を表わします。

被扶養者の認定のページをご利用いただくためにはパスワードの入力が必要です。

パスワードは健康保険証に記載されている保険者番号(8桁の数字)です。

 

パスワードを保存